【ひんやり素材】洗って使える!ニットマスクはどこで買える?特徴・値段は?

ライフスタイル
スポンサーリンク

新型コロナウイルスや花粉症により、マスクの品切れ・価格の高騰が続く中、「この状況を何とかしたい!」と新潟県・五泉市のニット製品製造を手掛ける有限会社桜井メリヤス工場が【洗って再利用できるニットマスク】を開発・製品化し販売しているのをご存じですか?

なかなかマスクが手に入らなかったり、値段が高騰している状況ですが、5月下旬に手に入る、洗って何度でも使用できる【新潟県発・ニットマスク】の特徴や価格、購入方法をシェアします!

スポンサーリンク

(新潟県・五泉市)ニットマスクの特徴は?

鼻、口元、あごにかけて包み込むように立体的に編んだマスクです。
ノーズ部分のワイヤーが無くても吐いた息が上に抜けて眼鏡が曇りにくいように工夫してあります。
花粉の時期や、咳が出るときなどのエチケットとして洗って再利用してもらえるサスティナブルなマスクです。

https://sakuraim.theshop.jp/items/27175374

優しい肌触りと洗った際に生地が伸び切らないように綿素材にテンションのあるナイロン素材を組み合わせているそうです。(綿65%+ナイロン35%)

肌に直接あたるものなので、肌触りが優しいのが嬉しいポイントです。

(新潟県・五泉市)ニットマスクの種類は?

ニットマスクを見てびっくりしたのが、サイズ展開が豊富なこと!

全部で4サイズあり、自分に合ったサイズを選ぶことができます。

小さなお子さん用のサイズも展開しているので、親子セットで購入もおすすめです♪

  • 大きめサイズ
  • 普通サイズ
  • 子どもサイズ(10歳ぐらい)
  • 幼児サイズ(3~5歳ぐらい)

(新潟県・五泉市)ニットマスクに夏用モデルも?

実はこのニットマスクを作った会社、夏に向けた吸湿速乾素材のマスクも開発し、予約注文を開始しました。

こちらは、大きめサイズと普通サイズの2サイズの展開です。

素材が、旭化成(株)社製のベンベルグというキュプラをベースにしています。(ベンベルグ40%+アクリル40%+ナイロン20%)

ベンベルグ®は肌への摩擦が少なく、気体になった汗を吸って吐き出す吸放湿性能が優れています。また、放熱性も綿に比べておよそ20%高く、繊維内の非晶部分に多く含まれた水分は肌表面の熱を外へ逃がすので蒸し暑い時期はひんやりと感じることが出来ます

https://sakuraim.theshop.jp/items/27480388

気候が暖かくなってくると、マスクの中が蒸れて不快感がありまよね…。

放熱性が高く、熱をマスクの外に逃がしてくれるのは嬉しいです♪

(新潟県・五泉市)ニットマスクの値段は?

普通のニットマスクが600円(税込)、夏用のニットマスクが800円(税込)です。

単価が1枚あたり1,000円以下で、洗って再利用できるのでコストパフォーマンスいいですよね♪

(新潟県・五泉市)ニットマスクどこで買える?

新潟県・五泉市発のニットマスクは、 有限会社桜井メリヤス工場の公式サイトから購入できます。

現時点で注文すると、5/15順次発送です。(4/10確認)

新潟県・五泉市「ニットマスク」をチェックする

【在庫あり・楽天で購入できるマスク】

ブログランキング参加中!
スキンケアランキング
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ライフスタイル
スポンサーリンク
kahokoをフォローする
Trivia+

コメント

タイトルとURLをコピーしました