【ふるさと納税返礼品】洗って使える!麻マスクはどこで買える?特徴・値段は?

ライフスタイル
スポンサーリンク

新型コロナウイルスや花粉症によりマスクの品切れ・価格の急騰が続く中、「この状況をなんとかしたい!」と滋賀県・愛荘町の県麻織物工業協同組合が【麻マスク】を開発・製品化し、ふるさと納税返礼品としたのをご存じですか?

なかなかマスクが手に入らなかったり、値段が高騰している状況ですが、ふるさと納税返礼品として税金の還付を受けつつ4月下旬に手に入る、洗って何度でも使用できる【滋賀県発・麻マスク】の特徴や価格、購入方法をシェアします!

スポンサーリンク

(滋賀県・愛荘町)麻マスクの特徴は?

町によると、町内の愛知川地区は室町時代からの麻織物の産地。

速乾性や抗菌性、消臭性に優れる麻は洗って何度も使えるため環境にも優しく衛生的という。

https://www.asahi.com/articles/ASN446W7LN43PTJB00H.html

抗菌性・消臭性の特徴があるのは嬉しいですが、マスク不足である今なにより何度でも洗って使える!ということが助かります。

(滋賀県・愛荘町)麻マスクの麻の種類は?

使う麻は4種類あるようで、ふるさと納税返礼品の場合は4種類のうちの1種類の2枚セットが贈られます

  • リネン
  • オーガニックリネン
  • ヘンプ
  • ラミー&リネン

ヘンプとかラミーって何?と思いますが、どちらも麻の繊維の1つです。

リネンは少しごわっとする感覚がありますが、「ヘンプ」は肌になじみ、とろけるような肌触りが特徴です。

「ラミー」は、麻の繊維の1つで、爽やかで涼しさを感じられる生地で、ザラザラとした質感ですが、リネンと混ぜることで肌なじみの良いものになっています。

(滋賀県・愛荘町)麻マスクの値段は?

ふるさと納税返礼品として寄付もしくは普通に麻マスクの購入の2パターンで購入できます。

【ふるさと納税返礼品】として購入する場合

ふるさと納税返礼品として購入する場合は、リネンのみ7,000円以上で、その他4種類は8,000円以上の寄付で返礼品として贈られます。

リネン以外の8,000円以上の寄付になると、【オーガニックリネン・ヘンプ・ラミー&リネン】のうちのどれか1種類が2枚もらえるということですね。

愛荘町のホームページで麻マスクの返礼品を載せるとすぐに希望が殺到し、現在は品切れ中となっています。

ですが、現在フル稼働で生産しているようで4月末には納入できる予定だそうです。

普通に購入する場合

普通に購入することも可能です。

県麻織物工業協同組合のある「ゆめまちテラスえち」でのみ購入できます。

価格は、リネンは1,000円+tax、その他3種類は1,200円+taxとなっています。

いずれも4月下旬には納入される予定だそうです。

ゆめまちテラスえちへ行く前に、あらかじめ電話で入荷の確認をした方が確実です!

【住所】〒529-1331 滋賀県愛知郡愛荘町愛知川32-2

【電話番号】0749-42-3246

福井県発の越前和紙マスクは、通販で購入可能で、4月下旬に届きますよ!

【在庫あり】楽天で購入できるマスク

ブログランキング参加中!
スキンケアランキング
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ライフスタイル
スポンサーリンク
kahokoをフォローする
Trivia+

コメント

タイトルとURLをコピーしました